「10歳年上と話ができる」中学生を育てること 全国屈指の名門シニアの指導方針

武蔵府中シニア・小泉隆幸監督が考えるチームカラーは「守りの野球、組織野球」

 多くのプロ野球選手を輩出してきた全国屈指の武蔵府中シニアの練習を見ると、堅実で丁寧なプレーが目に留まる。拓大紅陵(千葉)で故・小枝守監督から指導を受けた小泉隆幸監督が打ち出す方針は、“恩師”の野球を受け継ぐように「組織野球」と「負けにくい野球」。そして、チームカラーだけでなく、子どもたちに求める人間教育もまた同じだった。

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 ある日の夜。ライトが照らされた東京・府中市民球場でナイター練習が行われていた。小泉監督は侍ジャパン高校日本代表も指揮した名将・小枝守氏が愛したノックバットと同じモデルのものを手に取っていた。

「私が監督になったときに同じものをメーカーさんに作ってもらったんです」

 長さは92センチ。一見、普通のバットのように見えるが、全体的に印象は細い。芯から先端にかけて、太くなる位置が他のものとは違う。繊細なバットコントロールを持つ小枝氏のような“職人”でないと、使いこなせない領域だ。以前は恩師から直接もらったバットを使っていたが、使い込んで折れてしまった。今は同じモデルを製作してもらっている。

 指導者のノックが上手でなければ、子どもたちの守備は上達しない。小泉監督も恩師同様の考えを持ち、守り続ける。自身だけでなく、武蔵府中のコーチたちも皆、同じ感覚でノックの技術を磨いている。そして、投手中心の守りの野球を、チームに根付かせてきた。

 武蔵府中はジャイアンツカップなど、多くの全国大会で優勝経験のある名門チームだ。最近では楽天の茂木栄五郎内野手、ロッテの菅野剛士外野手ら多くのプロ野球選手が誕生している。

「『チームカラーは何ですか?』と聞かれた時に答えられるチームを作らないといけないと思っています。うちは初志貫徹。守りの野球、組織野球です。バッティング練習をやらないというわけではないんですよ。ただ、点数を取るということは、繊細なことなのです。スクイズでも1点は1点です。うちの子どもたちは頭を使うことが多いと思いますよ」

 打撃が強い年代もあった。ただ、それが毎年のように続くわけではない。たとえ、打撃の力がなくても、負けにくい野球を子どもたちに伝えることはできる。正確で堅実な守備の基礎をしみ込ませ、サインプレー、バント処理などの細かい野球を確立させてきた。

「セオリーと言われればそれまでなんですが、手堅い野球は言い方を変えれば、誰でもできる野球かもしれません。それが武蔵府中の強さと言いますか、基礎としてあります」

【次ページ】上のレベルで通用する野球選手になるための“準備”