学力を落としての進学は「勧めない」 名門シニア監督の進路選択の考え方とは?

「私が『ここがいいよ』と話すと、子どもは断れない」

 野球少年を子に持つ保護者にとって、進路選択は悩みのひとつ。First-Pitch編集部では、「セレクトデザイン」と題し、チームや指導者の考え方を随時連載しています。ソフトバンクの柳町達外野手らプロもOBにいる茨城県の中学硬式野球チーム・取手リトルシニアでは、「進路について、子どもとはあえて直接話さない」という方針。石崎学監督が語る理由とは――。

◇◇◇◇◇◇◇

【PR】早期登録特典|プレミアムプラン「無料体験」実施中|各分野のプロが動画開設 野球育成 技術向上プログラム「TURNING POINT」

 取手リトルシニアの進路相談の方法は、まずは面談です。ただ、子どもとはあえて話しません。私が「ここがいいよ」と言ってしまうと、嫌だと言えないからです。子どもの進路ではありますが、基本的には、決めるのは保護者だと考えています。

 冷たい言い方になってしまうかもしれませんが、私は家庭の経済的なことまでは分かりません。大学、就職まで面倒を見ることができるなら、「ここに行きなさい」と伝えることができますが、そうはいきません。まずは保護者に「こういった高校から話がある」などの情報は事前にお伝えし、考えていただいて、その上で保護者が取捨選択して子どもと相談するのが1番だと思っています。面談の日に保護者から希望の進路を言っていただくようにして、私はその希望に沿って最大限動く形です。

 私ができることは、正しい情報を伝えることです。例えば、部費以外にどれくらいお金がかかるのか、大学進学はどのくらいだとか。あとは付属校に行った時に、何割くらいが系列の大学に行けるのか。そういった情報は伝えます。選手の実力とレベルの差が大きい高校への希望であれば「背番号をもらうことは厳しいよ」ということも正直に話します。

 各家庭の希望を聞いて、手助けをするのも私の仕事です。勉強面では、近くの塾に頼み、希望者を安い値段で受け持ってもらっています。また、東京六大学に進学したOBに勉強の指導を頼んでもらうこともあります。

【次ページ】勧められないことは「学力を大幅に落として高校に行くこと」