補欠野手がやがて140キロ投手に 名門シニア監督が徹底する選手の将来を見据えた指導

石崎氏の本職はトレーナー、自らの可能性を狭める選手にもどかしさ

 茨城県の中学硬式野球チーム「取手リトルシニア」は、2011年と今年の全国選抜大会、2019年の林和男杯全国選抜大会で3度の日本一を達成し、プロ野球選手も輩出する名門チーム。First-Pitchの指導をテーマにした連載「ひきだすヒミツ」では、その強さ 茨城県の中学硬式野球チーム「取手リトルシニア」は、2011年と今年の全国選抜大会、2019年の林和男杯全国選抜大会と3度の日本一を達成し、プロ野球にもソフトバンクの柳町達外野手らを輩出した名門チームだ。First-Pitchの指導をテーマにした連載「ひきだすヒミツ」では、その強さの秘訣に迫った。監督を務める石崎学氏の指導の根幹は「長く野球を続けてもらうこと」。自身の経験や仕事を通じて感じた“勿体なさ”がきっかけだったという。

 茨城県取手市にある新グラウンドで毎日行われる練習では、選手たちのハツラツとした声が響く。プロ野球選手を多く輩出してきた取手リトルシニアを率いる石崎氏が目指しているのは「選手に長く野球を続けてもらうこと」だ。

 石崎氏の本職はフィジカルトレーナー。高校野球以外にもバレーボールなど様々な部活動やクラブチームで選手の体をケア。子どもたちの体を見ていくうちに感じたことがあった。「怪我を持って入部する子が多かったり、もう少し野球を続ければ活躍できる可能性があるのに……と感じる子が高校で辞めてしまったりということがありました」

 野球を続けていく上で大きな区切りとなるのが高校卒業時だろう。「できれば社会人でも続けてほしいけど……」と願いつつ、まずは大学のリーグで野球を続けられる選手育成を念頭に指導している。

【次ページ】怪我の予防、選手の適性を見極めることに注力して指導を行う